ホームディレクトリ容量制限(quota)

最終更新日: 2014.02.19

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

quotaというツールを使用してユーザのホームディレクトリの容量を制限する。

なお、quotaはパーティション単位に容量制限をかけるため、ホームディレクトリ(/home)へquotaによる容量制限をかける場合、Linuxインストール時に/homeディレクトリを別パーティションとして作成しておく必要がある


■quota有効化

[root@desk root]# vi /etc/fstab ← ファイルシステム設定ファイル編集
LABEL=/home             /home                   ext3    defaults,usrquota 1 2 ← /homeの行にusrquotaを追加

[root@desk root]# reboot ← システム再起動

Broadcast message from root (pts/0) (Fri Jul 30 15:39:51 2004):

The system is going down for reboot NOW!

■quota設定

[root@desk root]# quotacheck -augc ← quota設定ファイル作成

[root@desk root]# ll /home/ ← quota設定ファイル作成確認
合計 40
-rw-------  1 root      root       7168  7月 30 15:52 aquota.user ← quota設定ファイル

[root@desk root]# quotaon -av ← quota設定ファイル反映
/dev/hda2 [/home]: user quotas turned on

■ホームディレクトリ容量制限

例として、ホームディレクトリ容量を制限するユーザをfedora1、fedora2とする。

[root@desk root]# edquota -u fedora1 ← ユーザfedora1のホームディレクトリ容量制限
Disk quotas for user fedora1 (uid 503):
  Filesystem                   blocks       soft       hard     inodes     soft     hard
  /dev/hda2                       280          0          0         40        0        0
 ↓
  /dev/hda2                       280      20480      20480         40        0        0
ユーザfedora1のホームディレクトリ容量を20480KB(20MB)に制限する

[root@desk root]# edquota -p fedora1 fedora2 ← ユーザfedora1のホームディレクトリ容量制限を他ユーザfedora2にも適用
これで、fedora1ユーザとfedora2ユーザは、自身のホームディレクトリに対して20MBまでしかファイルを作成することができなくなる。




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2004-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします