yumコマンドとは

<<戻る

Fedoraを初めとするRedHat系列LinuxではRPMという形式でパッケージ(ソフト)を管理している。
RPMパッケージはrpmコマンドでインストールできるが、パッケージ間で依存関係がある場合、依存関係を調べて正しい順番でインストールしなければならない。
例えば、AというパッケージをインストールするのにBというパッケージが必要な場合、B⇒Aの順にインストールする必要がある。
このパッケージの依存関係が場合によっては数十にのぼる場合もあり、必要なパッケージを探してきてダウンロードして正しい順番でインストールしていくのは極めて煩雑である。
そこで、Fedoraでは、インストールするRPMパッケージの依存関係を調べて、必要なパッケージのダウンロード及び、正しい順番でのインストールまでを自動で行ってくれるyumを採用している。
修正キー




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2004-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします