yumによるRPMパッケージのアンインストール

<<戻る

例としてpostgresqlパッケージをアンインストール
[root@linux ~]# rpm -q postgresql ← postgresqlパッケージインストールチェック
postgresql-8.0.3-1 ← postgresqlパッケージがインストールされている

[root@linux ~]# yum remove postgresql ← postgresqlパッケージアンインストール
Setting up Remove Process
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package postgresql.i386 0:8.0.3-1 set to be erased
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Removing:
 postgresql              i386       8.0.3-1          installed         9.3 M

Transaction Summary
=============================================================================
Install      0 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       1 Package(s)         
Total download size: 0 
Is this ok [y/N]: y ← アンインストールするパッケージを確認してy応答※
Downloading Packages:
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Removing  : postgresql                   ######################### [1/1]

Removed: postgresql.i386 0:8.0.3-1
Complete!

[root@linux ~]# rpm -q postgresql ← postgresqlパッケージインストールチェック
パッケージ postgresql はインストールされていません

※アンインストールしようとするパッケージに依存しているパッケージがある場合、それらも一緒にアンインストールされるので、アンインストール対象のパッケージを確認してy応答すること
修正キー




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2012 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします