オンラインマニュアルを参照するには

<<戻る

オンラインマニュアルを参照する
[root@localhost ~]$ man mail ← mailコマンドのオンラインマニュアルを参照する
MAIL(1) BSD General Commands Manual MAIL(1)

NAME
mail - send and receive mail

SYNOPSIS
mail [-iInv] [-s subject] [-c cc-addr] [-b bcc-addr] to-addr...
mail [-iInNv] -f [name]
mail [-iInNv] [-u user]

INTRODUCTION
Mail is an intelligent mail processing system, which has a command syntax
reminiscent of ed(1) with lines replaced by messages.

-v Verbose mode. The details of delivery are displayed on the user’s
terminal.

-i Ignore tty interrupt signals. This is particularly useful when
using mail on noisy phone lines.

-I Forces mail to run in interactive mode even when input isn’t a ter-
minal. In particular, the ‘~’ special character when sending mail
is only active in interactive mode.
stdin:← qキー押下で終了、SPACEキー押下で改ページ

オンラインマニュアルをセクション指定で参照する
[root@localhost ~]$ man -S 3 syslog ← syslogコマンドのセクション3のオンラインマニュアルを参照する
SYSLOG(3) Linux Programmer’s Manual SYSLOG(3)



名前
closelog, openlog, syslog - システムロガーにメッセージを送る

書式
#include

void openlog(const char *ident, int option, int facility);
void syslog(int priority, const char *format, ...);
void closelog(void);

#include

void vsyslog(int priority, const char *format, va_list ap);

説明
closelog() はシステムのログ記録用プログラム(システムロガー syslogd(8) )
ヘの接続を終了する。 closelog() は必須ではない。

openlog() はログを出力しようとしているプログラムからログ記録用プログ ラ
修正キー




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2012 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします