Java開発実行環境を構築する(J2SDK-Linux編)

最終更新日: 2014.02.19

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

JavaはC++同様のオブジェクト指向型言語である。また、一度作成したプログラムは基本的に修正することなく、異なるOS上でも動作することができる。
ここでは、Linux上でJavaの開発実行環境(J2SDK)を構築し、簡単なJavaプログラムを実行できるようにする。

※ファイル名やディレクトリに含まれるバージョンは最新版にあわせて適宜読み替えること


■J2SDKインストール

(1)J2SDKダウンロード
SunのダウンロードページからJ2SEのSDK(RPM in Self-extractingfile)をダウンロードし、WinSCP等でサーバー上の適当なディレクトリへアップロードする

(2)J2SDKインストール
[root@linux root]# chmod +x j2sdk-1_4_2_04-linux-i586-rpm.bin ← 実行権限付加

[root@linux root]# ./j2sdk-1_4_2_04-linux-i586-rpm.bin ← RPMファイル抽出

※使用許諾書が大量に表示されるのでSPACEキー押下で流す

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes ← yes応答
Unpacking...
Checksumming...
0
0
Extracting...
UnZipSFX 5.40 of 28 November 1998, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: j2sdk-1_4_2_04-linux-i586.rpm
Done. ← RPMファイル抽出完了

[root@linux root]# rpm -ivh j2sdk-1_4_2_04-linux-i586.rpm ← J2SDKインストール
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:j2sdk                  ########################################### [100%]

[root@linux root]# rm -f j2sdk-1_4_2_04-linux-i586-rpm.bin ← ダウンロードしたファイルを削除

[root@linux root]# rm -f j2sdk-1_4_2_04-linux-i586.rpm ← 抽出したRPMファイルを削除

(3)libgcjアンインストール(FC3のみ)
[root@linux ~]# yum -y remove libgcj ← libgcjアンインストール
Setting up Remove Process
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package libgcj.i386 0:3.4.2-6.fc3 set to be erased
--> Running transaction check
Setting up Repo:  crash-hat
repomd.xml                100% |=========================|  951 B    00:00
Setting up Repo:  base
repomd.xml                100% |=========================| 1.1 kB    00:00
Setting up Repo:  updates-released
repomd.xml                100% |=========================|  951 B    00:00
Reading repository metadata in from local files
crash-hat : ################################################## 75/75
base      : ################################################## 2622/2622
updates-re: ################################################## 669/669
--> Processing Dependency: libgcj = 3.4.2 for package: libgcj-devel
--> Processing Dependency: libgcj >= 3.4.2 for package: gcc-java
--> Restarting Dependency Resolution with new changes.
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package libgcj-devel.i386 0:3.4.2-6.fc3 set to be erased
---> Package gcc-java.i386 0:3.4.2-6.fc3 set to be erased
--> Running transaction check

Dependencies Resolved
Transaction Listing:
  Remove: libgcj.i386 0:3.4.2-6.fc3

Performing the following to resolve dependencies:
  Remove: gcc-java.i386 0:3.4.2-6.fc3
  Remove: libgcj-devel.i386 0:3.4.2-6.fc3
Downloading Packages:
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Erasing: libgcj-devel 1/3
Erasing: libgcj 2/3
Erasing: gcc-java 3/3

Removed: libgcj.i386 0:3.4.2-6.fc3
Dependency Removed: gcc-java.i386 0:3.4.2-6.fc3 libgcj-devel.i386 0:3.4.2-6.fc3
Complete!

■J2SDK設定

環境変数にJAVAのパスを追加
[root@linux root]# vi /etc/profile ← 環境変数を編集
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.2_04 ← 最終行へ追加
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin ← 最終行へ追加
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar ← 最終行へ追加

[root@linux root]# source /etc/profile ← 環境変数を反映

■J2SDK確認

(1)Javaサンプルプログラムを作成する
Javaサンプルプログラムソース(ファイル名:HelloWorld.java)
[root@linux root]# vi HelloWorld.java
public class HelloWorld {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}
Hello Worldと標準出力に出力するサンプル

(2)Javaサンプルプログラムをコンパイルする
[root@linux root]# javac HelloWorld.java ← コンパイル
[root@linux root]# ls -al
合計 16
-rw-rw-r--    1 fedora fedora      425  3月 11 22:22 HelloWorld.class ← classファイルが作成されていることを確認
-rw-rw-r--    1 fedora fedora      115  3月 11 22:22 HelloWorld.java

(3)Javaサンプルプログラムを実行する
[root@linux root]# java HelloWorld ← 実行
Hello World ← Javaサンプルプログラム実行結果

(4)J2SDK確認後始末
[root@linux root]# rm -f HelloWorld.* ← 作成したjavaソースを削除


■関連コンテンツ




▲このページのトップへ戻る

ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします