Fedora Core 4初期設定

最終更新日: 2014.02.19

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

Fedoraインストール直後の初期設定を行う。


■Fedora初期設定

(1)ローカルコンソールから操作時の文字化け対策
ローカルコンソールから操作時に日本語が文字化けするため、対策としてbtermを導入する
[root@fedora ~]# ls -l ← ローカルコンソールからログインしてlsコマンド投入してみる
以下のように日本語が文字化けして■で表示されてしまう
■■ 92
-rw-------  1 root root  1215  6■ 16 10:27 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r--  1 root root 66219  6■ 16 10:27 install.log
-rw-r--r--  1 root root  3836  6■ 16 10:27 install.log.syslog

[root@note ~]# yum -y install bogl-bterm ← bogl-btermインストール
Setting up Install Process
Setting up repositories
updates-released          100% |=========================|  951 B    00:00     
extras                    100% |=========================|  951 B    00:00     
base                      100% |=========================| 1.1 kB    00:00     
Reading repository metadata in from local files
primary.xml.gz            100% |=========================| 6.5 kB    00:00     
updates-re: ################################################## 18/18
Added 0 new packages, deleted 18 old in 0.09 seconds
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package bogl-bterm.i386 0:0.1.18-7 set to be updated
--> Running transaction check
--> Processing Dependency: bogl = 0:0.1.18-7 for package: bogl-bterm
--> Restarting Dependency Resolution with new changes.
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package bogl.i386 0:0.1.18-7 set to be updated
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Installing:
 bogl-bterm              i386       0.1.18-7         base              1.1 M
Installing for dependencies:
 bogl                    i386       0.1.18-7         base               95 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install      2 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       0 Package(s)         
Total download size: 1.2 M
Downloading Packages:
warning: rpmts_HdrFromFdno: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID 4f2a6fd2
public key not available for bogl-0.1.18-7.i386.rpm
Retrieving GPG key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora
Importing GPG key 0x4F2A6FD2 "Fedora Project "
Key imported successfully
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing: bogl                         ######################### [1/2] 
  Installing: bogl-bterm                   ######################### [2/2] 

Installed: bogl-bterm.i386 0:0.1.18-7
Dependency Installed: bogl.i386 0:0.1.18-7
Complete!

[root@fedora ~]# modprobe vga16fb ← フレームバッファ用モジュール組込み

[root@fedora ~]# lsmod |grep vga16fb ← モジュール組込み確認
vga16fb                12969  1 
vgastate                9409  1 vga16fb

[root@fedora ~]# echo "modprobe vga16fb" >> /etc/rc.local ← システム起動時モジュール自動組込み設定

[root@fedora ~]# export PS1='[\u@\h \W]# ' ← シェル表示設定

[root@fedora ~]# echo "export PS1='[\u@\h \W]# '" >> /etc/profile ← 再ログイン時シェル表示自動設定

[root@fedora ~]# bterm ← ローカルコンソールからログインしてbterm実行

[root@fedora ~]# ls -l ← lsコマンド投入してみる
以下のように日本語が文字化けせずに表示される
合計 92
-rw-------  1 root root  1215  6月 16 10:27 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r--  1 root root 66219  6月 16 10:27 install.log
-rw-r--r--  1 root root  3836  6月 16 10:27 install.log.syslog

[root@fedora ~]# exit ← bterm終了する場合

(2)一般ユーザの作成&削除(例として一般ユーザ名をfedoraとする)
[root@fedora ~]# useradd fedora ← 一般ユーザfedoraの作成

[root@fedora ~]# passwd fedora ← fedoraのパスワード設定
Changing password for user fedora.
New UNIX password:  ← fedoraのパスワード応答
Retype new UNIX password:  ← fedoraのパスワード応答(確認)
passwd: all authentication tokens updated successfully.

[root@fedora ~]# userdel -r fedora ← 一般ユーザfedoraの削除

(3)一般ユーザからrootになる
[fedora@linux ~]$  ← fedoraという名前の一般ユーザでログインしている状態

[fedora@linux ~]$ su - ← suコマンドでrootになる(-を忘れずに)
Password:  ← rootのパスワード応答

[root@fedora ~]#  ← rootになった

[root@fedora ~]# exit ← rootから一般ユーザに戻る

[fedora@linux ~]$  ← fedoraに戻った
※rootは制限なくなんでも出来てしまい、誤操作により重要なファイルを削除してしまったりすることがあるため、基本は一般ユーザでログインし、root権限が必要な操作を行う場合のみ、suコマンドでrootになるようにする。

(4)rootになれるユーザを管理者のみにする
例として、管理者用の一般ユーザ名をfedoraとする
[root@fedora ~]# usermod -G wheel fedora ← 管理者ユーザ(例:fedora)をwheelグループに追加

[root@fedora ~]# vi /etc/pam.d/su ← PAMのsuモジュール設定ファイル編集
#auth       required     /lib/security/$ISA/pam_wheel.so use_uid
↓
auth       required     /lib/security/$ISA/pam_wheel.so use_uid ← コメント解除

[root@fedora ~]# echo "SU_WHEEL_ONLY yes" >> /etc/login.defs ← 最終行へ追加

管理者用一般ユーザからはrootになれて、管理者以外の一般ユーザからはrootになれないことを確認
※viエディタについては、vi操作手引書を参照

(5)パッケージ管理システム設定
RPMパッケージのインストール・アンインストールを行うyumの初期設定を行う
[root@fedora ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora.repo ← RPMパッケージダウンロード先サーバー設定ファイル(base版)編集
RPMパッケージダウンロード先サーバーを日本のミラーサイトに変更
[base]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Base
baseurl=http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
        http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
        http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
#mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-core-$releasever
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora

[root@fedora ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo ← RPMパッケージダウンロード先サーバー設定ファイル(updates版)編集
RPMパッケージダウンロード先サーバーを日本のミラーサイトに変更
[updates-released]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Released Updates
baseurl=http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
        http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
        http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
#mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/updates-released-fc$releasever
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora

[root@fedora ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-extras.repo ← RPMパッケージダウンロード先サーバー設定ファイル(extras版)編集
RPMパッケージダウンロード先サーバーを日本のミラーサイトに変更
[extras]
name=Fedora Extras $releasever - $basearch
baseurl=http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/extras/$releasever/$basearch/
        http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/
        http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/
#mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-extras-$releasever
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-extras
gpgcheck=1

[root@fedora ~]# yum -y update ← インストール済パッケージの一括アップデート
※大量のパッケージのダウンロード/アップデートを行うため時間がかかる

[root@fedora ~]# /etc/rc.d/init.d/yum start ← インストール済パッケージ自動アップデートスクリプト起動
夜間 yum 更新の有効化中                                    [  OK  ]

[root@fedora ~]# chkconfig yum on ← インストール済パッケージ自動アップデートスクリプト自動起動設定

[root@fedora ~]# chkconfig --list yum ← インストール済パッケージ自動アップデートスクリプト自動起動設定確認
yum             0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off ← ランレベル2〜5のon確認

[root@fedora ~]# yum -y remove up2date ← up2dateアンインストール
※Fedoraではyumの他にup2dateというアップデートツールも導入されているが、yumを利用するため不要なのでアンインストールする

(6)root宛メールを転送する
システムからroot宛に重要なメールが送られてくるので、root宛メールを普段使用しているメールアドレス宛に転送するようにする
メールサーバーのOP25B対策(sendmail編)実施

[root@fedora ~]# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases ← 旧root宛メール転送設定削除

[root@fedora ~]# echo "root: hoge@nifty.com" >> /etc/aliases ← root宛メールを普段使用しているメールアドレス(例:hoge@nifty.com)宛に転送する

[root@fedora ~]# newaliases ← 転送設定反映
/etc/aliases: 77 aliases, longest 25 bytes, 794 bytes total

[root@fedora ~]# echo test|mail root ← テストメールをroot宛に送信する

テストメールが転送先メールアドレス宛に届いていることを確認する

(7)locateコマンドで使用するDB自動更新設定
ファイル、ディレクトリを高速に検索できるlocateコマンドで使用するDBの更新を毎日自動で行うようにする
[root@fedora ~]# vi /etc/updatedb.conf ← locateコマンドDB更新設定ファイル編集
DAILY_UPDATE=no
↓
DAILY_UPDATE=yes ← yesに変更

(8)システムの停止&再起動
[root@fedora ~]# halt ← システム停止する場合

[root@fedora ~]# reboot ← システム再起動する場合
※その他のLinuxコマンドについては、Linuxコマンド集を参照




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2004-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします