※※※このバージョンのFedoraのアップデートは提供されていません※※※
※※※最新版のFedoraを利用することをお勧めします※※※

Fedora Core 2インストール

最終更新日: 2014.02.19

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

世界最大のシェアをもつLinuxディストリビューションであるRed Hat Linuxのフリー版の後継OS、Fedora Core 2をインストールする。
ここではインストールパッケージは必要最小限におさえ、あとで必要なものを個別にインストールしていく。

Fedora Core 2 と Fedora Core 1 の相違点


■Fedora入手

(1)FedoraのダウンロードページからインストールCDイメージ(FC2-i386-disc1.iso,FC2-i386-disc2.iso,FC2-i386-disc3.iso,FC2-i386-disc4.iso)をダウンロードする。

(2)ダウンロードしたFedoraインストールCDイメージをCD-R/RWに書き込む。
※Fedora CoreインストールCD作成(CDRecordフロントエンド)参照

■Fedoraインストール

FedoraのCD(1枚目)をセットしてサーバーとするマシンを再起動する。
※BIOSの設定で1番最初にCDからブートできるようになっている必要がある

 1.Welcom to Fedora Core ⇒ Next

 2.Language Selection ⇒ Japanese(日本語)

 3.キーボード設定 ⇒ Japanese

 4.マウス設定 ⇒ デフォルトのまま(マウスは使用しない)

 5.モニターの設定 ⇒ モニター未検出となった場合、Generic LCD Displayより1024×768を選択
  ※警告ウィンドウが表示されたら「無視」をクリック

 6.アップグレードの検証 ⇒ インストール
  ※既にFedora Coreがインストールされていた場合のみ表示される

 7.インストールの種類 ⇒ サーバー

 8.ディスクパーティションの設定 ⇒ 自動パーティション設定

 9.自動パーティション設定 ⇒ システムのすべてのパーティションを削除
  ※警告ウィンドウが表示されたら「はい」をクリック

 10.ディスクの設定 ⇒ デフォルトのまま

 11.ブートローダーの設定 ⇒ デフォルトのまま

 12.ネットワークの設定 ⇒ ホスト名は手動設定として、ホスト名.ドメイン名を入力
                (当サイトの場合はfedora.fedorasrv.com)

 13.ファイヤーウォール設定 ⇒ ファイアウォールなしにする
    (ルータ側でブロックしているため)
  ※警告ウィンドウが表示されたら「続行」をクリック

 14.追加の言語サポート ⇒ デフォルト(Japaneseのみ)のまま

 15.タイムゾーンの選択 ⇒ デフォルト(アジア/東京)のまま

 16.Rootパスワードを設定 ⇒ Root(管理ユーザ)のパスワードを入力

 17.パッケージグループの選択 ⇒ 「開発ツール」のみチェックして他は全てチェックをはずす
    (インストール合計容量:1,068MB)

 18.インストール準備完了 ⇒ 次
  ※必要なインストールメディアウィンドウが表示されたら「続行」をクリック

 19.パッケージのインストール
    (インストールが完了すると次のCDへの交換要求がくるので、CD3までインストールする)
  ※このパッケージ構成だとCD4枚目への交換要求はこない

 20.インストール完了 ⇒ 再起動

 ブートローダGRUBが起動し、Enterを押すか10秒後にFedoraが起動する。

Fedora Core 2起動後の画面
Fedora Core release 2 (Tettnang)
Kernel 2.6.5-1.358 on an i686

linux login:_




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2004-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします