ドメイン名取得(jpドメイン編)

最終更新日: 2014.12.10

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<アンケート <<リンク集 <<サイト内検索 <<管理人へメール <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

外部からfedorasrv.jpという名前(ドメイン名)でサーバーにアクセスできるようにするため、ドメイン名を取得する。
ここでは、com、net、org、info、biz等のドメインより高額だがfedorasrv.jpのように日本のドメインであることが一目でわかるjpドメイン名をVALUE DOMAINで取得する。
また、fedorasrv.jpの他に、www.fedorasrv.jp、mail.fedorasrv.jp、ftp.fedorasrv.jp等でもサーバーにアクセスできるようにする。

※fedorasrv.jpの部分は当サイトの例なので、各自で置き換えてください


■ドメイン名取得

(1)VALUE DOMAINユーザー登録する。

(2)ユーザ登録時のユーザIDとパスワードでログインする。

(3)「支払い操作」でドメイン料金を支払う。
※jpドメインの場合、1年間で3390円

(4)「ドメイン操作」⇒「新規ドメインの取得」でドメインを取得する。
※「ドメイン名のふりがな」には、「ふぇどらえすあーるぶい」(取得ドメイン名がfedorasrv.jpの場合)のように入力する

(5)「ドメイン操作」⇒「WHOIS登録情報の変更」で、「登録者名(日本語)*1」、「登録者名(英語/半角)*1」にドメイン名(例:fedorasrv.jp)を入力する
※ユーザ登録時に入力した個人名がWHOIS情報として公開されなくなる

(6)「ドメイン操作」⇒「DNSレコード/URL転送の変更」で、「設定フィールド」に以下の要領でDNS情報を入力する。

a @ グローバルIPアドレス
a www グローバルIPアドレス
a mail グローバルIPアドレス
a ftp グローバルIPアドレス
mx mail.fedorasrv.jp. 10

1行目はfedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようにする設定
2行目はwww.fedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようにする設定
3行目はmail.fedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようにする設定
4行目はftp.fedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようにする設定
5行目はxxxx@fedorasrv.jpのようなメールアドレスを利用できるようにする設定※メールサーバーを立ち上げる場合のみ

※現在のグローバルIPアドレスは確認くんの「現在接続している場所(現IP)」で確認可能

(7)ログアウトする。

これで外部からfedorasrv.jpでアクセスするとVALUE DOMAINが登録時のIPアドレスをアクセス元に返してくれるようになるため、外部からfedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようになる
※なお、ドメイン名でアクセスできるようになるまで24〜48時間程度掛かる(すぐアクセスできるようになる場合もある)。

■IPアドレスの自動更新(非固定IPアドレス環境の場合のみ)

非固定IPアドレス環境の場合、不定期にIPアドレスが変わってしまうが、IPアドレスがVALUE DOMAINに登録したIPアドレスと変わってしまうとfedorasrv.jpでサーバーにアクセスできなくなってしまう。
そこで、定期的にIPアドレスの変更をチェックし、IPアドレスが変更されていた場合は自動でVALUE DOMAINへ新しいIPアドレスを登録するようにし、常にfedorasrv.jpでサーバーにアクセスできるようにする。

(1)VALUE DOMAINのダイナミックDNS機能を有効化
DiCEによるIPアドレス更新を行なえるようにするため、VALUE DOMAINのダイナミックDNS機能を有効にする。

・ユーザ登録時のユーザIDとパスワードでログインする。

・「ドメイン操作」⇒「ダイナミックDNS情報」⇒「必要なパラメータ情報」の「パスワード 変更」で任意の「ドメインパスワード」を設定して「変更」ボタン押下

・「ドメイン操作」⇒「ダイナミックDNS情報」⇒「ダイナミックDNS機能」でチェックボックスをチェックして「変更」ボタン押下

・ログアウトする。

(2)VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト作成
[root@fedora ~]# vi /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト作成
#!/bin/bash

# ログディレクトリ設定
LOGDIR="/var/log/valuedomain"

SCRIPT=${0}
DOMAIN=${1}
PASS=${2}
HOST=${3}
mkdir -p ${LOGDIR}
if [ "${HOST}" = "" ]; then
    FQDN=${DOMAIN}
else
    FQDN="${HOST}.${DOMAIN}"
fi

# VALUE-DOMAIN設定IPアドレス取得
IPGETLOG=`host ${FQDN} ns1.value-domain.com 2>&1`
VDIP=`echo "${IPGETLOG}"|grep "has address"|awk '{ print $NF }'|egrep ^[0-9]\+\.[0-9]\+\.[0-9]\+\.[0-9]\+$`
if [ $? -ne 0 ]; then
    echo "`date "+%Y.%m.%d %H:%M:%S"` ${FQDN} VALUE-DOMAIN設定IPアドレス検出エラー" >> ${LOGDIR}/ip_update.log
    echo ${IPGETLOG} >> ${LOGDIR}/ip_update.log
    exit
fi

# 現在IPアドレス取得
IPGETLOG=`wget -S -q -O - 'http://ieserver.net/ipcheck.shtml' 2>&1`
if [ $? -eq 0 ]; then
    CURRENTIP=`echo "${IPGETLOG}"|awk '{ print $NF }'|egrep ^[0-9]\+\.[0-9]\+\.[0-9]\+\.[0-9]\+$`
else
    IPGETLOG=`wget -S -q -O - 'http://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg?ip' 2>&1`
fi
if [ $? -ne 0 ]; then
    echo "`date "+%Y.%m.%d %H:%M:%S"` ${FQDN} 現在IPアドレス検出エラー" >> ${LOGDIR}/ip_update.log
    echo ${IPGETLOG} >> ${LOGDIR}/ip_update.log
    (
    echo CURRENT IP ADDRESS GET ERROR
    echo ${IPGETLOG}
    )|mail -s "${SCRIPT##*/} ERROR on ${FQDN}" root
    exit 1
fi
CURRENTIP=`echo "${IPGETLOG}"|tail -n 1`

# VALUE-DOMAIN設定IPアドレス更新
# (VALUE-DOMAIN設定IPアドレス≠現在IPアドレスの場合のみ)
if [ "${VDIP}" != "${CURRENTIP}" ]; then
    IPUPDATE=`wget -q -O - "http://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg?d=${DOMAIN}&p=${PASS}&h=${HOST}&i=${CURRENTIP}"`
    echo ${IPUPDATE}|grep -q OK
    if [ $? -eq 0 ]; then
        echo "`date "+%Y.%m.%d %H:%M:%S"` ${FQDN} IPアドレス更新成功 ${VDIP} to ${CURRENTIP}" >> ${LOGDIR}/ip_update.log
    else
        echo "`date "+%Y.%m.%d %H:%M:%S"` ${FQDN} IPアドレス更新エラー" >> ${LOGDIR}/ip_update.log
        echo ${IPUPDATE} >> ${LOGDIR}/ip_update.log
        (
        echo IP ADDRESS UPDATE ERROR
        echo ${IPUPDATE}
        )|mail -s "${SCRIPT##*/} ERROR on ${FQDN}" root
        exit 1
    fi
fi
exit

[root@fedora ~]# chmod +x /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプトへ実行権限付加

(3)VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト実行
[root@fedora ~]# /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト実行(fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード "www"
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト実行(www.fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード "mail"
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト実行(mail.fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード "ftp"
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト実行(ftp.fedorasrv.jp用)

※パスワードは「(1)VALUE DOMAINのダイナミックDNS機能を有効化」で設定した「ドメインパスワード」を指定
※IPアドレス更新結果は/var/log/valudomain/ip_update.logに保存される

(4)VALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプト定期自動実行設定
[root@fedora ~]# echo "*/10 * * * * root /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード" >> /etc/cron.d/valudomain-ddns-update
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新定期自動実行設定追加
※10分毎にVALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプトを実行する(fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# echo "*/10 * * * * root /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード \"www\"" >> /etc/cron.d/valudomain-ddns-update
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新定期自動実行設定追加
※10分毎にVALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプトを実行する(www.fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# echo "*/10 * * * * root /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード \"mail\"" >> /etc/cron.d/valudomain-ddns-update
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新定期自動実行設定追加
※10分毎にVALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプトを実行する(mail.fedorasrv.jp用)

[root@fedora ~]# echo "*/10 * * * * root /usr/local/bin/valudomain-ddns-update.sh fedorasrv.jp パスワード \"ftp\"" >> /etc/cron.d/valudomain-ddns-update
 ← VALUE DOMAIN用IPアドレス更新定期自動実行設定追加
※10分毎にVALUE DOMAIN用IPアドレス更新スクリプトを実行する(ftp.fedorasrv.jp用)


■ドメイン名確認

設定したサーバー名で外部からアクセスできるか確認する。
※ドメイン取得後24〜48時間程度経過後に行うこと(すぐアクセスできる場合もある)

Free Website Test tools by WebSitePulse


「Test Type」で「HostName Test」を選択
「Test Target」でサーバー名(例:fedorasrv.jp、www.fedorasrv.jp、ftp.fedorasrv.jp、mail.fedorasrv.jp等)を指定
「Verification Cpde」に画像で表示されている数字を入力
「Perform Test」ボタンを押下

以下のような結果が表示されればOK
Hostname test results

Domain name tested: fedorasrv.jp
Test performed from: Seattle, WA
Test performed at: 2007-06-11 18:28:57 (GMT -07:00)
Known IP Addresses: XXX.XXX.XXX.XXX

■WHOIS情報確認

個人情報が公開されていないことを確認する。
※ドメイン取得後24〜48時間程度経過後に行うこと(すぐアクセスできる場合もある)

IPアドレス検索で「検索したいIPアドレス」に設定したサーバー名(例:fedorasrv.jp、www.fedorasrv.jp、ftp.fedorasrv.jp、mail.fedorasrv.jp等)かグローバルIPアドレスを入力して「検索」ボタンを押下する。

以下のような結果が表示されればOK
ドメイン
 所有者情報 fedorasrv.jp を whois.jprs.jp で検索しました

[ JPRS database provides information on network administration. Its use is ] 
[ restricted to network administration purposes. For further information, ] 
[ use 'whois -h whois.jprs.jp help'. To suppress Japanese output, add'/e' ] 
[ at the end of command, e.g. 'whois -h whois.jprs.jp xxx/e'. ] 

Domain Information: [ドメイン情報] 
[Domain Name] FEDORASRV.JP 

[登録者名] fedorasrv.jp 
[Registrant] fedorasrv.jp 

[Name Server] ns1.value-domain.com 
[Name Server] ns2.value-domain.com 
[Name Server] ns3.value-domain.com 

[登録年月日] 2006/09/22 
[有効期限] 2007/09/30 
[状態] Active 
[最終更新] 2006/09/22 11:30:48 (JST) 

Contact Information: [公開連絡窓口] 
[名前] バリュードメイン登録代行サービス 
[Name] VALUE-DOMAIN.COM 
[Email] info@value-domain.com 
[Web Page] https://www.value-domain.com/ 
[郵便番号] 541-0059 
[住所] 大阪府大阪市中央区博労町4-7-5 
本町TSビル 6F 
[Postal Address] 
[電話番号] 06-6241-6585 
[FAX番号] 06-6241-6586 




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2012 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします