Fedoraインストールメディアイメージを高速ダウンロード(BitTorrent)

最終更新日: 2014.02.19

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築

■概要

BitTorrent(BitTorrentとは)を使用してFedoraインストールメディアイメージを高速にダウンロードする。
ここでは、Windows上でBitTorrentを使用してFedoraインストールメディアイメージをダウンロードする。


■BitTorrentクライアントWindows版インストール

BitTorrentクライアントWindows版ダウンロード

ダウンロードしたexeファイルを実行してインストール

デスクトップ上のショートカットまたはスタートメニューよりBitTorrent起動

■ポート開放

(1)ポート開放
ルーターの設定でTCP6881ポートへのアクセスをBitTorrentクライアント(Windowsクライアント)に転送するように設定する。
ルーターがLinuxの場合のポート開放手順は以下のとおり。
[root@fedora ~]# iptables -I FORWARD -i ppp+ -p tcp -d BitTorrentクライアントIPアドレス --dport 6881 -j ACCEPT

[root@fedora ~]# iptables -t nat -A PREROUTING -i ppp+ -p tcp --dport 6881 -j DNAT --to BitTorrentクライアントIPアドレス

また、Windowsにファイアウォールを導入している場合、TCP6881ポートへのアクセスを許可するように設定する。
※WindowsXPのファイアウォールはBitTorrentへのアクセスを許可するように自動で設定されるので対処不要

(2)ポート開放チェック
簡易TCPポートスキャンスクリプトでTCP6881ポートの開放をチェックする。
※「XXX.XXX.XXX.XXX の 6881 番ポートに接続結果: (・∀・) 成功 」と表示されることを確認する。

■Fedoraインストールメディアイメージダウンロード

BitTorrentによるFedora配布サイトで該当のtorrentファイルのリンクをクリックするとBitTorrentによるFedoraインストールメディアイメージのダウンロードが始まる。

【32bit版CPUマシン=通常のPC向けtorrentファイル】
Fedora 9インストールメディアイメージはこちら
Fedora 8インストールメディアイメージはこちら
Fedora 7インストールメディアイメージはこちら
Fedora Core 6インストールメディアイメージはこちら
Fedora Core 5インストールメディアイメージはこちら

※リンククリックで「ファイルのダウンロード」ウィンドウが表示されたら「開く」をクリックする

■後始末

Fedoraインストールメディアイメージのダウンロードが終わったら、BitTorrentから削除してBitTorrentを終了する。
※削除しないでBitTorrentを起動しっぱなしにしておくと常にFedoraインストールメディアイメージを公開している状態となる

開放したTCP6881ポートを閉じる。

簡易TCPポートスキャンスクリプトでTCP6881ポートの閉塞をチェックする。
※「XXX.XXX.XXX.XXX の 6881 番ポートに接続結果: (・A・) 失敗」と表示されることを確認する。




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2004-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします