1219 サーバーの再起動

<<トップページへ

サーバーの再起動
日時: 2009/04/18 06:37
名前: 初心者
いつもこちらのWebサイトにお世話になっています。ありがとうございます。
CentOS2でWebサーバやsamba等を構築しています。(古いノートPC/Pentium1G・128MB)

概ね3カ月ほど運用すると毎回kernelクラッシュし再起動出来ません。
メモリが小さすぎるのでしょうか?その度に、再構築で大変面倒でした。
今回は何とかこのままリブートしたいと思います。よろしくお願いします。

症状発生した後の再起動画面で下記のようになります。

 ・
 ・
Checking filesystems.
/dev/VolGroop00/LogVol00:UNEXPECTED INCONSISTENCY;RUN fsck MANUALLY.
(i;.e.,without -a or -p options)

[FAILED]
*** An error occurred during the file sytem chech.

*** Dropping you to a shell; the system chcke.

*** when you leave the shell.

Give root password for maintenance

(or type Contorol-D to continue):

となるので、ルートパスワードを入れると、

(Repair filesystem) 1#  となって 進みません!


[Ctrl]+Dでは 同じこのと繰り返しです。

♯情報が少なくてすみません。
VNCで遠隔操作しているときに再起動すればログをそのままコピーできたのですが・・・・

Re: サーバーの再起動(1)
日時: 2009/04/18 10:05
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
>(Repair filesystem) 1#  となって 進みません!

(Repair filesystem) 1# fsck

fsckでファイルシステムをcheckする
対話的に質問されるので、壊れるのを覚悟でyと答える
うまくいけば、再起動までたどり着ける

webでperl,php,mysqlなどを使った動的サイトを表示したりすれば
128Mだとすぐにスワップします

CPUよりもメモリ容量
CentOS2は本当? 
古いkernelでバグがあってもメンテされていないのでは?

Re: サーバーの再起動(2)
日時: 2009/04/18 10:58
名前: 初心者
>>(Repair filesystem) 1#  となって 進みません!
>
>(Repair filesystem) 1# fsck
>
>fsckでファイルシステムをcheckする
>対話的に質問されるので、壊れるのを覚悟でyと答える
>うまくいけば、再起動までたどり着ける
>
>webでperl,php,mysqlなどを使った動的サイトを表示したりすれば
>128Mだとすぐにスワップします
>
>CPUよりもメモリ容量
>CentOS2は本当? 
>古いkernelでバグがあってもメンテされていないのでは?
>

ありがとう ございます 

(Repair filesystem) 1# fsck -y
で駄目だったので 諦めました。
その他、
# fsck -y /dev/hda1
などが効果的のようですが、何やら混乱してきました。
この際、再度構築していますので、このスレッド閉じさせていただきます。

#stranger様にもう少しご指南頂きたかったのですが、既に再インストールしてます。
ありがとうございました。

※古いスレッドには返信できない場合があります


■関連コンテンツ




▲このページのトップへ戻る

ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします